2018年11月号 HBR翻訳論文 記事詳細

■ HBR翻訳論文

GAFAは英雄か、悪人か 企業間競争の減退が米国経済を蝕む

企業間の競争はイノベーションや新しい発想を生み、経済に活力をもたらしてきた。しかし今日の米国では、集中が進み競争が減退している。グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの頭文字からGAFAと呼ばれる4大ハイテク企業が、その規模と力に物を言わせて有望なスタートアップの買収に走るだけでなく、航空、医薬品、ビールなどの業界でも、業界トップ企業がさまざまな形でライバルの出現と繁栄を阻もうとしている。本稿では、こうした産業における集中が競争に及ぼす影響を分析するとともに、競争を促すための反トラスト法などのルールについても検証する。


デイビット・ウェッセル   ブルッキングス研究所 シニアフェロー

PDF記事:13ページ[約2,015KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年2月号『コレクティブ・インパクト』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ