2018年7月号 HBR翻訳論文 記事詳細

■ HBR翻訳論文

生産性を格段に上げるプレーンランゲージ化 契約書から難解な法律用語を排除する

契約書はおしなべて、法律の専門用語だらけで素人にはほとんど意味のわからない、長々とした難解な文章で書かれている。しかし、読んで理解するのに長時間が必要だったり、自分のビジネス案件なのに契約書の解釈を弁護士に頼んだりしなければならないのは、あまりに非効率・不合理ではないか。そうした疑問から筆者は、契約書をプレーンランゲージ(平易な言語)で書くことにチャレンジした。実践してみると、従来に比べて時間とコストが大幅に節約でき、顧客からも大好評を得た。自身の経験をもとに、そのプロセスにおける課題と、それを解消するノウハウを公開する。


ショーン・バートン   GEアビエーション 法律顧問

PDF記事:8ページ[約1,475KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

 

スペシャルコンテンツ