2018年7月号 HBR翻訳論文 記事詳細

■ HBR翻訳論文

なぜ働いても働いても不安が尽きないのか 仕事で「幸福」をつかむには感情的知性(EI)が不可欠である

米国の社員の3分の2近くが仕事に飽き、関心が持てず、疲れ果てていることを数多くの研究が明らかにしている。なぜこれほど多くの人々が、満足のいかない仕事や大きなストレス、燃え尽き症候群、慢性的な不幸感を受け入れているのか。成功すれば幸せになれると信じている人が多いが、真実は逆である。いま世界的に注目を集めているEI(エモーショナル・インテリジェンス、感情的知性)を発揮し、幸福を阻む罠を乗り越える方法を示す。


アニー・マッキー   ペンシルバニア大学教育大学院 シニアフェロー

PDF記事:13ページ[約2,653KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

 

スペシャルコンテンツ