2007年10月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

野放図な権限委譲が凋落を招いた マークス&スペンサー 復活の秘密

イギリス文化を象徴する小売業大手として一〇〇年以上の歴史を持つマークス・アンド・スペンサーは、一九九八年に同国小売業史上最高益を記録したのをピークに、以来長い低迷にあえいでいた。商品や店舗は流行に乗り遅れ、社員のモチベーションも低下し、すっかり以前の輝きを失っていた。二〇〇四年、有力投資家がしかけたTOBの危機に瀕し、急遽招請された一人のCEOによって再生への取り組みが始まる。それは「商品」「店舗」「サービス」という小売業の原点を立て直すものだった。


スチュアート・ローズ   マークス・アンド・スペンサー CEO

PDF記事:12ページ[約1,178KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking