AI Shift ―― The Business Transformation for AI ――

AIのポテンシャルを
生かすも殺すも人間次第

1

一般ユーザーにとっても企業にとっても利用価値が高く、社会に急速に浸透しつつあるAI(人工知能)。時間短縮や労力削減など様々なメリットがある一方、AIが社会や人間に与える影響も懸念されている。例えば、ビッグデータを分析するアルゴリズム(プログラム)は、設計者の意図によって組まれているが、それを客観的な判断と誤解している人は多い。事実上の標準とみなされてしまうことも起こりうる。今、私たちはどのようにAIと向き合うべきなのか。「言語」を中心に「情報技術・ロボット技術が社会に与える影響や、その倫理的な問題」などを研究している、名古屋大学情報文化部准教授の久木田水生氏に聞いた。

AIは「客観的に判断している」わけではない

久木田水生
名古屋大学情報文化部 准教授

名古屋大学情報学研究科准教授。専門は哲学。テクノロジーと人間と社会の関係について研究しており、近年はロボットや人工知能の社会への影響に焦点を当てている。共著に『ロボットからの倫理学入門』(名古屋大学出版会、2017年)、共訳書にアンディー・クラーク『生まれながらのサイボーグ』(春秋社、2015年)などがある。

――「情報技術が社会に与える影響」を研究されているそうですが、AIにはどのような影響がありますか。

久木田(以下略) ビジネスの世界では、人々のスマホやPCから吸い上げられるビッグデータ×AIが企業に大きな利益をもたらし、ビッグデータをより多く蓄積した企業の独占状態になっています。保有するデータが膨大になればなるほど、様々な利用方法が生まれ、データを握る企業の立場がよりいっそう強くなるからです。

 一方で、AIは私たちの生活にもすっかり入り込んで非常に大きな影響力を持ち、社会を形づくるようになっています。だからこそ、間違った、あるいは悪意のある判断や格差の助長につながるリスクが増大するのではないかと懸念しています。

 ビッグデータの多くは過去の行動データです。現在、ビジネスなどでよく使われるAIは、そのデータの一部に基づいて、人々を類型化し、行動を予測するようにプログラムされたものです。どのようなデータを用いるかというところには、技術的な制約とプログラマの恣意的な判断が働きます。またデータそのものにも社会が持っているバイアスが反映されています。にもかかわらず、人々は「AIが客観的に判断している」という錯覚に陥りやすい。AIを利用するには、そういうバイアスがあるかもしれないことを意識しておくことが非常に大切です。

次のページ  AIで人材採用しても偏りが出る»
1
» 「AI Shift ―― The Business Transformation for AI ――」 トップへ戻る

AI For Business