2007年12月号 Serial Articles 記事詳細

■ Serial Articles

立石一真ものがたり「できません」と云うな 【第六回】生い立ちと社憲

一真は一九五九年(昭和三四年)、会社の憲法といえる「社憲」を定めた。これは、企業は単に利益を追求するだけではなく社会に奉仕する存在でなければならず、よって「企業の公器性」を会社のバックボーンとすべきとの考え方に基づいている。一真の生い立ちをさかのぼりながら、日本産業界においていち早くCSR(企業の社会的責任)の重要性に気づいた一真の経営哲学をひもとく。


湯谷 昇羊   ダイヤモンド社 論説委員

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking