人間の仕事の将来は、
想像力、創造性、そして戦略的思考にある

1

あらゆる産業は、テクノロジーの進化による影響を避けることはできない。企業は、人工知能の脅威を唱えて終わるのではなく、人間には何ができるのかを問い直すべきである。本記事では、最先端のテクノロジーが世の中に浸透したのち、人間の働き方がどのように変わるのかについて、4つの提言が示される。


 もはや議論の余地はなさそうだ。テクノロジーが仕事に、いや正確には、仕事に就いている人に取って代わろうとしている。影響を受けない業界は、まずないだろう。

 ナレッジワーカー(知識労働者)も、それを免れそうにない。ドイツ銀行のCEOは最近、同行従業員9万7000人のうち半数がロボットに交代すると予測している。こんな調査報告もある。「法曹界の仕事の39%は、今後10年で自動化が可能になると考えられる。別の研究では、会計士が自動化によって失業する確率を95%と結論づけている」

 制作・製造業界には、その将来はずっと早く訪れるかもしれない。前述の報告書は「レンガ積みロボット」の登場にも言及している。機械学習のアルゴリズムが「光学部品の仕分け、自動化品質管理、故障検出、生産性と効率性の向上」の担当者に取って代わることも予測されている。

 端的に言えば、こうした仕事は機械のほうがうまくこなすのだ。米国立標準技術研究所の予測によれば、「機械学習によって、生産能力は最大20%まで向上させることが可能」であり、原材料の浪費は4%削減できる見通しである。

 2020年までに、500万から1000万規模の雇用喪失を予測する報告書は数多くある。宇宙開発と自動車業界の大物イーロン・マスクは最近、機械が人類を超える脅威は人間の「実存に関わる最大の脅威」と述べた。さすがにこれは悲観的すぎる将来像かもしれないが、誰もが影響を受けるという予測を無視するのは取り返しのつかない過ちであり、企業リーダーにとっていま重要なのは、そんな過ちを回避することだ。

 最先端テクノロジーが席巻し、その後に残される人々に関する考え方を4つ、以下に紹介しよう。

次のページ  テクノロジーとどう向き合い、いかに導入するか»
1
EIシリーズ特設サイト誘導
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年1月号『フェイクニュース』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ