AI Shift ―― The Business Transformation for AI ――

「みんなのAI」は
企業のビジネスをどう支援するのか

1

「AI(人工知能)プラットフォーム」の提供に徹することで、さまざまな業界に向けて「ビジネスの効率化」「新たな付加価値の創出」を支援しているマイクロソフト。自らも働き方改革でAIの活用を進め、その効果を実証している。AIの活用が企業にもたらすメリット、国内企業における活用例について、日本マイクロソフト執行役員常務 パートナー事業本部長の高橋美波氏に聞いた。

「AIのパワーを全ての人に」
――マイクロソフトが目指す「AIの民主化」

――日本マイクロソフトは現在、企業や社会におけるAIの活用を「みんなのAI(AIの民主化)」というスローガンの下に推進しています。その狙い、目指す世界を教えてください。

高橋 美波
日本マイクロソフト 執行役員 常務
パートナー事業本部長

1987年ソニー入社。で民生機器営業部門に所属、北米、ヨーロッパなどの拠点で活動し、2012年ソニーアメリカ副社長。2014年に日本マイクロソフト入社。2016年コンシューマー&パートナーグループ担当執行役員常務に就任。2017年8月より現職。

高橋氏(以下略) 当社の企業ミッションは、さまざまな個人や組織をICTによってエンパワーメント(能力開花)していくことです。ビジネスとしては企業ユーザーが中心ですが、エンパワーメントの対象はビジネス・ユーザーだけではありません。当社のお客様やパートナー企業の先にいるエンドユーザーに対しても優れた技術を提供することで、全ての皆様がより多くのことを達成できるようにご支援します。

 そのミッションの下に現在、力を入れている取り組みの1つが「みんなのAI」と呼ぶAIの活用です。皆様にビジネスやプライベートでAIをご利用いただき、それによって企業や個人がそれぞれの目標を達成することをご支援します。この中では、例えばAIによるエージェント技術「Cortana」を皆様のPCやデバイスで手軽にご利用いただけるようにしているほか、「Office 365」などのアプリケーションでもAIの活用を進め、より効率良く、快適に働けるようにしていきます。

 そのためには、実際にアプリケーションを開発/提供する当社のパートナー企業との協業が不可欠です。各社と連携しながら当社のAI技術によってアプリケーションの付加価値を高めるとともに、アプリケーション開発に携わる技術者に対しても当社のAI技術を開放することで活用を促進していきます。

次のページ  身近なところで活用が進むマイクロソフトのAI»
1
» 「AI Shift ―― The Business Transformation for AI ――」 トップへ戻る

AI For Business