Going Digital 社会、市場のデジタル化を日本企業変革のチャンスにする

エクスポネンシャル・オーガニゼーション
――飛躍的組織とは

「シンギュラリティ大学」創業ディレクター サリム・イスマイル氏に聞く

1

元ヤフーのバイスプレジデントで、「シンギュラリティ大学」の創業ディレクター、サリム・イスマイル氏が来日した。全米でベストセラーとなった著書『シンギュラリティ大学が教える 飛躍する方法』(日経BP社)は、破壊的変化を乗り越えるための指針として世界中の経営者、ビジネスパーソンに読まれている。今回、彼が語った日本の企業組織と経営者についての見解には、今後企業が生き残るための重要なヒントが隠されている。聞き手は、アクセンチュアの牧岡宏 常務執行役員 戦略コンサルティング本部 統括本部長。

設立後、6年以内に指数関数的に
成長するのが飛躍型企業

サリム・イスマイル
ExO Worksの共同創業者兼会長

――はじめに、著書に書かれている、指数関数的に成長する企業(飛躍型企業)とその特徴について教えてください。

 例えば、クラウドソーシングを活用して製品を開発する米国の企業は、製品のアイデアが誕生してから小売店の棚に並べるまで、平均250~300日かかっているサイクルを、29日に短縮しました。また、オープンコミュニティを通じて自動車をデザインし、3Dプリンターを活用して製造するローカルモーターズは、新モデルを市場に送り出すまでに約30億ドルかかっていたコストを、300万ドルまで引き下げており、従来の1000倍のパフォーマンスを実現しているのに等しいのです。

 ユーザーの部屋を貸し出すサービスを展開する、エアビーアンドビーの従業員数は約3000人ですが、物件は急速に増えていて、およそ6万5000都市・400万件に上ります。彼ら自身は物理的な資産を所有していませんが、会社の評価額は300億ドル超にも。これはハイアットホテルよりも高く、今ではホテル業界で最大の企業になっています。同様に、個人が所有するクルマをタクシーに変えるウーバーも、会社評価額は680億ドル。両社とも資産や従業員は少なくても指数関数的に成長しています。

 テスラも同様に、飛躍型企業です。内燃機関のクルマは約800個の駆動系部品を使いますが、テスラの電気自動車モデルSの駆動系部品はわずか17。これだけでも大きな違いですよね。このほか、映像配信サービスに転身して成功したネットフリックス、渋滞情報をシェアできる世界最大のカーナビアプリを提供するウェイズなど。これらの飛躍的企業は、いずれも設立されてから、概ね6年以内に指数関数的に成長しているという共通点があるのです。

次のページ  飛躍的企業にみられる特徴とは»
1
Technology 関連記事
Going Digital インタビュー」の最新記事 » Backnumber
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS