2018年3月号 巻頭インタビュー 記事詳細

■ 巻頭インタビュー

Inventing the Future:未来をつくる(16) マザーハウスが架け橋となり国と国との距離感を縮めたい

山口絵理子氏は「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念を揚げて、2006年にマザーハウスを創業した。国内外で30店舗以上を運営するグローバルカンパニーに成長したいまでも、彼女の歩みが止まることはない。さらなる壮大な夢を揚げて、次ぎなるステージへと突き進んでいる。


山口 絵理子   マザーハウス 代表取締役社長/デザイナー

この論文もおすすめします

定期購読のご案内

最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking

特別企画