就職・転職先の企業文化が
自分に合っているか見極める方法

1

採用面接を受けるときは、あなたが相手に厳しく評価されている。しかし、採用内定をもらってからは、あなたが相手を判断する順番である。表面的な情報だけで入社を決めると、企業文化が肌に合わないという理由で苦しむ可能性もある。就職・転職先の文化に馴染めるかどうかは、どのように判断すればよいのだろうか。


 採用内定おめでとう! さあ今度は、あなた自身が、この内定を受けるかどうかを決定する番だ。会社について自分なりに調査して、公式プロフィールは熟知している。だが企業文化が自分に合うかどうかについては、どのように評価すればよいのか。また、そこで働いてみて実際に満足できるかどうかを、どうすれば判断できるか。

 元従業員の何人かに話を聞いてみるべきか。あるいは、オフィスで1日体験を願い出るべきなのだろうか。

次のページ  企業文化を見極める7つのポイント»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー・フォーラム『ブルー・オーシャン・シフト』チャン・キム INSEAD教授 来日講演
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking

特別企画