2018年2月号 特集 課題設定の力 記事詳細

■ 特集 課題設定の力

直観に頼らず、賢明な判断を下す リニア思考の罠から逃れる4つのステップ

私たちは、販売数量が増えれば、売上高が増えるというように線形(リニア)な関係で物事をとらえがちである。しかし、世の中は必ずしもそうした関係だけで成り立っているわけではない。たとえば、お金や時間など経営資源を投じても、一定規模を超えると効果が鈍化するというように、「非線形な現象」は至るところで見られる。このため線形な関係だと思い込んでいると、無駄が生じたり、重要な意思決定を間違えたりしてしまう可能性がある。本稿では、私たちが陥りがちな線形バイアス、よく見られる非線形のパターン、バイアスを回避するための4ステップについて解説する。


バート・デ・ランゲ   ラモン・リュイ大学 ESADEビジネススクール 准教授 コロラド大学ボルダー校 リーズスクール・オブ・ビジネス 助教

ステファノ・プントーニ   エラスムス大学 ロッテルダム経営大学院 教授

リチャード・ラリック   デューク大学 フュークア経営大学院 教授

PDF記事:15ページ[約1,748KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読キャンペーン
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking