2012年8月号 特集 イノベーション実践論 記事詳細

■ 特集 イノベーション実践論

飛躍的新製品を設計する秘訣 ひらめきは組織的に生み出せる

インターネットの進展によって、我々はあふれんばかりのアイデアとソリューションを自由に享受できる世界に生きている。ここで重要なのは、新技術を他社に先駆けて開発することではなく、その新技術が切り拓くであろう未開拓市場の巨大さに最初に気づくことである。

たとえば、任天堂、アップル、スウォッチは、他社が開発した新技術を元に、最も有意義かつ最大の利益を生み出せるような製品を開発した。我々はこれらの製品を生み出した企業の戦略を「テクノロジー・エピファニー戦略」と呼んでいる。エピファニーとは「物事の本質を見抜く洞察力」を意味し、一般的には「独創的な天才がある時突然思いつく直観的なひらめき」であると理解される。しかし実は、企業が計画的・組織的に実現できるものである。

本稿ではフィリップス・エレクトロニクスの先進事例を取り上げ、同社がいかにして、ユーザーにまったく新しい経験を提供する製品開発を組織的に実現したかを紹介する。


ロベルト・ベルガンティ   ミラノ工科大学 スクール・オブ・マネジメント 教授

PDF記事:12ページ[約2,361KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking