Going Digital 社会、市場のデジタル化を日本企業変革のチャンスにする

フィンテック活用に向けて
日本が挑戦すべき本質的課題は何か

1

今、フィンテックはブームからメインストリームになりつつある。ベンチャーIT企業のみならず、伝統的な金融機関や政府をも巻き込んだ金融イノベーションに向けた取り組みへと進展した。しかし、日本の投資額は米国や中国の50分の1以下どまり。果たして今後、日本発の金融イノベーションは期待できるのだろうか。そこで海外では今、どのような金融イノベーションが起きているのか、またフィンテック活用のために日本が挑戦すべき本質的課題は何かについて聞いた。

日本主導の金融イノベーションは
黎明期を抜けていない

――フィンテックとは何か、また、金融市場にもたらすインパクトなどについて2016年8月にお話を伺いました。あれから1年、海外では成長期待がますます高まっているようですね。実際のところ、グローバルな視点で見ると今、フィンテック投資はどんな状況ですか。

瀧川 2016年のグローバルフィンテック投資額の成長率は、2015年までの急拡大と比べ、落ち着きを見せつつあります。しかし、投資額はVCによるシリコンバレーのベンチャー投資の平均水準(約100億ドル)を超え、取引件数も増えていますから、フィンテックに対する期待値は引き続き高いといえるでしょう(図1)

出典:アクセンチュア

 フィンテック自身の将来成長期待価値が高いのはもちろんのこと、デジタル化が進んでいる銀行の期待値も高いことから、フィンテックは金融機関の成長ドライバーの1つとして期待されていると考えられます(図2)

出典:アクセンチュア

 2016年の国別投資額を見ると、日本は15位でした。2015年は6500万ドル、2016年は前年比135%増の1億5400万ドルに伸長しています。ただし、米国(85億7400万ドル)の56分の1、中国(100億3100万ドル)の65分の1であり、まだまだ規模的には小さい状況です。

 世界にユニコーン企業(評価額が10億ドル以上で、非上場のベンチャー企業)は210社ありますが、その内フィンテック企業は出資額ベースで11%、26社あります(図3)。残念ながら、この中に日本企業は1社もありません。

写真を拡大
出典:アクセンチュア

 日本の銀行によるフィンテック投資を見ると、海外企業よりも国内企業への投資が目立ちます。海外には有望なフィンテック企業が数多く存在する中で、国内の投資が多いという点は、イノベーション創出に向けて将来的な可能性を秘めているように見受けられます。

次のページ  フィンテック企業に見られる5つの分類»
1
Special Topics PR
Business Model 関連記事
Going Digital インタビュー」の最新記事 » Backnumber
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS