【求人掲載】
少数精鋭「CFOアドバイザリー・サービス」が
急成長する理由
新進気鋭のコンサルティング部隊

有限責任 あずさ監査法人

1

あずさ監査法人のアカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部が急成長している。昨年の売上高は前年比150%、今年も同120%を見込んでいるという。同事業部の大きな特長は、監査法人内に設置されたアドバイザリー部門であることだ。4大監査法人の中で、CFOアドバイザリーという目的を持って独立の事業部を設けているのは同法人だけである。

同事業部を立ち上げ、現在、事業部長を務める宮原正弘氏は「『監査法人の中』だからできる仕事の手応えがある」と語る。ビジネスの進め方も、かなりユニークなようだ。その特色を聞いた。

監査法人内の組織を再編し、
アドバイザリー・サービス体制を強化

 「当法人のアカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部は2012年7月に設立しました。以前の名称はIFRS事業部と言い、企業へのIFRSの導入支援を行うことを目指していました」と、宮原氏は振り返る。

 日本の企業会計審議会は09年6月、早ければ15年から上場企業の連結財務諸表にIFRSを強制適用するという方向性を示した。直後から、IFRS移行準備が大きなニーズになった。だが11年6月、事態は急展開する。当時の金融担当大臣が、米国におけるコンバージェンスの遅れや東日本大震災などを踏まえて、日本での再検討を表明。その結果、13年6月、企業会計審議会は強制適用の判断を見送った。

 IFRS移行支援に力を入れようとしていた監査法人、会計事務所やコンサルティング会社などの多くは、はしごを外された形になった。

アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部 兼 KPMGアジア 上場アドバイザリーグループ 責任者/パートナー
宮原 正弘氏

 「当法人も受注案件のキャンセルなどの痛手を受けました。ただし、当時すでに、当法人自身、IFRSアドバイザリーに関して再編を進めていました。というのは、企業にとってはIFRSを導入するだけでなく、その後の経営管理やグローバルな連結決算体制づくりなどをしっかり行っていくことが大切であり、それを実現するための財務会計周りのコンサルティングを提供することが重要になると確信していたからです。そこで、当時のIFRS導入支援を軸としたIFRS事業部と当時のビジネス・アドバイザリー事業部のトランザクション・アンド・リストラクチャリンググループを統合し、アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部を設立しました。さらにその後、経営管理やグローバル連結決算体制の整備を中心に行っていたチームをグループ会社から迎え入れたのです」
 
 組織再編により、サービスラインは、これまでのIFRS関連アドバイザリーなどの「財務戦略・会計基準」領域のみならず、「経営管理高度化・業務改善」、「M&A・事業再生」なども含め、一気に広がった。

 「CFOおよび経理財務部門が抱えるニーズに対して、ワンストップのソリューションを提供できるようになりました」と宮原氏は力を込める。

求人情報

会計アドバイザー
経営管理高度化・業務改善コンサルタント
M&A・事業再生アドバイザー

1 監査経験3年以上の公認会計士、会計士補、公認会計士論文式試験全科目合格者
2 監査経験3年以上のUSCPA License, Certificate, 全科目合格者
3 経理財務経験3年以上の会計士、会計士補、公認会計士論文式試験全科目合格者
4 財務会計領域のシステムコンサルティング経験2年以上の方(英語力あれば尚可)

条件

勤務地
大手町フィナンシャルシティ ノースタワー(東京都千代田区大手町1-9-5)
- 地下鉄丸の内線 大手町駅 A1出口直結
- 半蔵門線・千代田線・東西線・都営三田線 大手町駅 E1・A4出口アクセス可
- JR東京駅 丸の内北口 徒歩7分


勤務時間
9:15~17:15(所定労働時間7時間、休憩時間60分)


雇用形態
正社員(試用期間6か月)


待遇・福利厚生
通勤手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、厚生年金基金、退職金制度、産前産後・育児休業制度、介護休業制度、定期健康診断、フィットネスクラブ法人会員、ビジネスカジュアルデー、フレキシブルワークプログラム、WWN(Working Women’s Network)、ノー残業デー(原則、月2回・水曜日)


休日・休暇
有給休暇10日~20日(年間休日日数 120日)、完全週休2日制(土日)、祝日、創立記念休業、リフレッシュ休暇(5日間)年末年始休業、慶弔休暇、裁判員休暇、試験休暇、ボランティア活動休暇

年収

法人給与規定に準じて、ご経験を考慮の上、決定いたします。

【年収例】
- マネジャー 基本年額880万円~(経験により応相談。左記は最低給与額です)
※マネジャーには残業代は支給されません(深夜・休日を除く)。
- シニア 基本年額650万円~(経験により応相談。左記は最低給与額です)
- スタッフ 基本年額470万円~(経験により応相談。左記は会計士試験合格者のスタッフ3年目の例示です)
※シニア、スタッフには残業代が支給されます。
月給 + 年間賞与標準4ヶ月分支給(夏季・冬季)
※上記は例示です。経験・能力を考慮して決定いたします。
※※上記に加えて、業績と成績に応じたインセンティブを支給いたします。
・昇給:年1回
・賞与:年2回

スカウトを待つ

 

次のページ  CFOの視界領域を広げる、
「CFOアドバイザリー・サービス」を提供
»
1
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
お問い合わせ

有限責任 あずさ監査法人

〒100-0004

千代田区大手町1丁目9番5号

大手町フィナンシャルシティ
ノースタワー

E-mail:hr-aas-tyo@jp.kpmg.com
(採用担当)

http://kpmg.com/jp