2008年4月号 特集 最高「戦略」責任者 記事詳細

■ 特集 最高「戦略」責任者

循環型マネジメント・システムの構築 戦略と業務の統合システム

いかに素晴らしい戦略を立案しても、これを具体的な目標や業績評価基準に落とし込めなければ、現場の理解は得られず、具体的な目標に落とし込んでも、実際の活動を支援するツールと結びつけられていなければ、現場の貢献は限定される。戦略は、現場の努力によって達成されるものなのだ。カプランとノートンの二人は、バランス・スコアカードに始まり、戦略マップ、戦略テーマなど、さまざまなツールを開発してきたが、本稿では、これらを統合する「循環型マネジメント・システム」という包括的な仕組みを紹介する。


ロバート・S・カプラン   ハーバード・ビジネススクール 教授

デイビッド・P・ノートン   パラディアム・グループ 創設者

PDF記事:18ページ[約1,251KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking