論文セレクション

マネジメント10人の巨匠
セオドア・レビット

ピーター・ドラッカー、マイケル・ポーター、クレイトン・クリステンセン、ヘンリー・ミンツバーグなど、『Harvard Business Review』には世界的論客が数多く寄稿しています。その中から、編集部が10人の巨匠を厳選いたしました。ここでは、彼らの最新論文から過去の作品までを一挙にご覧いただけます。

セオドア・レビット
元ハーバード・ビジネススクール名誉教授。1925年、ドイツに生まれ、ナチスの勃興とともに一家は米国へ移住、オハイオ州デイトンに落ち着き、1940年に市民権を得た。1951年にオハイオ州立大学で経済学のPh.Dを取得した。ノースダコタ大学で最初に教鞭を執り、一貫して教職に携わったが、1959年からハーバード・ビジネススクールの教壇に立ち、1985年から1989年は『Harvard Business Review』誌編集長も兼任した。1990年に退職。2006年6月28日に81歳で永眠。

 

無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
セオドア・レビット」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking