論文セレクション

マネジメント10人の巨匠
クレイトン・クリステンセン

ピーター・ドラッカー、マイケル・ポーター、クレイトン・クリステンセン、ヘンリー・ミンツバーグなど、『Harvard Business Review』には世界的論客が数多く寄稿しています。その中から、編集部が10人の巨匠を厳選いたしました。ここでは、彼らの最新論文から過去の作品までを一挙にご覧いただけます。

クレイトン M. クリステンセン
1952年、ユタ州ソルトレイクシティ生まれ。ブリガムヤング大学経済学部、オックスフォード大学経済学部を卒業の後、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得後、ボストン コンサルティング グループでコンサルタントを務める(1979~84年)。その間、ホワイトハウスのフェローとして、ドリュー・ルイスとエリザベス・ドールの秘書も務めた(1982~83年)。その後、ハーバード・ビジネススクールでDBAを取得などして、1992年よりハーバード・ビジネススクール教授となる。現在、同大学キム B. クラーク記念講座教授。

EIシリーズ特設サイト誘導
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
DHBR2019年1月号『フェイクニュース』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ