2008年5月号 特集 「新しい優位」の論点 記事詳細

■ 特集 「新しい優位」の論点

二〇××年はこうなる 「世代循環」で未来を予測する

世代を理解することで、未来が見えてくる。筆者たちが、清教徒がニューイングランドの土を踏んでから現在に至るまでのアメリカ史をつぶさに調べた結果、世代ごとにその特徴は異なるとはいえ、ほぼ例外なく、「予言者」「放浪者」「英雄」「芸術家」という四つのタイプが繰り返されていることを突き止めた。この世代循環に基づいて将来を占えば、ある程度の予測が可能になる。他国でも、世代から社会の変化を眺めてみれば、この分析結果と同じような洞察が引き出せるという。本稿では、現在アメリカに存在する六つの世代について解説しながら、二〇年後の価値観や労働観、ライフスタイルなどを考察する。


ニール・ハウ   ライフコース・アソシエーツ 創業者兼共同経営者

ウィリアム・ストラウス   ライフコース・アソシエーツ 創業者兼共同経営者

PDF記事:19ページ[約3,677KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking