2008年6月号 特集 逆転の人材開発論 記事詳細

■ 特集 逆転の人材開発論

【一九六九年度マッキンゼー賞受賞論文】心身の転換期をいかに乗り切るか 中年期マネジャーの心得

中年期とは、だれもが遅かれ早かれ経験する、ごく当たり前の、しかし危機的な時期である。人は中年期になると、突然、人生に残された時間に気づき、焦燥と諦観にさいなまれる一時期を経験する。中年期にある組織の幹部社員が経験する変化は、健康面だけでなく、仕事の仕方、物の見方、家族関係、目標に及ぶ。それはショックに適応するための時間であり、この時、適応できず、成熟できなければ、組織にとって迷惑な病変のような存在になる。一方、適応し、賢明な道を進めば、組織の資源になる。


ハリー・レビンソン   ハーバード・メディカルスクール 名誉教授

PDF記事:16ページ[約2,215KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking