2017年3月号 特集 顧客は何にお金を払うのか 記事詳細

■ 特集 顧客は何にお金を払うのか

すべての商品・サービスに通用する 顧客がほしいと思う30の「価値要素」

消費者は、製品やサービスの何に価値を見出すか。人によりまちまちで、複雑な心理が絡み、突き止めるのは容易でない。それでも、価値の土台を成す普遍的な要素というものは存在する。消費者にとっての価値を綿密に探る手法があれば、既存市場での業績向上や新規市場への参入の機会をもたらし、価値の新しい組み合わせを考案できる。筆者らは1万人以上の消費者分析により、30に上る「価値要素」、すなわち製品やサービスの最も根本的な個別属性を探り出した。これらの価値要素に着目すると、「価値とは不可解でとらえどころのないもの」という印象がかなりの程度まで払拭され、創意工夫によってブランド、製品、サービスの価値を高め、ひいては価値の真の判断者である消費者を味方につけて、有利な立場を手にすることができる。


エリック・アルムキスト   ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ジョン・シニア   ベイン・アンド・カンパニー パートナー

ニコラス・ブロック   ベイン・アンド・カンパニー パートナー

PDF記事:12ページ[約622KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking