2008年6月号 特集 逆転の人材開発論 記事詳細

■ 特集 逆転の人材開発論

第二の成長はミドルから始まる 「中年期の危機」の嘘

平均寿命が延びるにしたがって、中年期における転身は、多くのビジネスマンにとって必要不可欠な要素となっていくだろう。一般的には二〇代になって働き始めると考えると、平均的なベビーブーマーの場合、これから先の活動期間はこれまでの職業人生と同程度に長いためだ。「中年期の危機」という言葉が注目されて久しいが、重要なのは、それまでの経験によって培われた能力によって幅広い可能性が開けていることを前向きにとらえつつ、その一方で達成できることについて現実的な視点を失わないことである。


カーロ・ストレンジャー   テルアビブ大学 准教授

アリー・ルッテンバーグ   クラブ五〇 創設者

PDF記事:12ページ[約1,867KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文セレクションご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
Special Topics PR
世界のエグゼクティブが注目する話題の新シリーズEI Emotional Intelligence  知識から感情的知性の時代へ 待望の日本版創刊
定期購読
論文セレクション
DHBR2019年4月号『シニア人材を競争力に変える』発売!
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
アクセスランキング

スペシャルコンテンツ