よい成果を出すために、人間関係より大切なもの
――書評『マネジャーの最も大切な仕事』

1

仕事の生産性や創造性を促進する要素として、働く人のマインドが重要であることは言うまでもない。この、モチベーションの考え方に新しい枠組みを提示したのが、マネジャーの最も大切な仕事である。仕事のやりがいで最も大切なものは何か。

働くうえで人間関係より重要なもの

 社員がイキイキと働くことで企業の業績は上がる。そのためマネジャーの最大の仕事は、社員をやる気にさせることである。この主張に反論する人は少ないだろうが、では、どうすれば社員がイキイキと働くのか。このメカニズムにはモチベーションの内的動機と外的動機の分析以上のものが出てこなかった。

 本書『マネジャーの最も大切な仕事』は、この構造に新しい枠組みを提供するものである。それは、「インナーワークライフ」という概念だ。インナーワークライフとは、個人が内面で感じる仕事体験の満足度と言い換えることができ、それは、認識と感情とモチベーションの相互作用によって形成される。そして豊かなインナーワークライフは、その人の生産性、創造性、コミットメント、同僚性(collegiality)を上げると本書で主張する。

 このような結論を導いた背景がまたユニークである。著者の一人テレサ・アマビールは、ハーバード・ビジネススクール教授で、組織の創造性やモチベーション研究の第一人者として知られ、Harvard Busines Reviewの主要執筆者でもあるので、DHBRの読者にはお馴染みであろう。もう一人の著者、スティーブン・クレイマー氏は、心理学者でアマビール教授と数々の共同研究を実施してきた。二人は、社員がイキイキする要因を調べるために、669人のマネジャーに日誌をつけてもらい、それらを分析した。集まった日誌は1万を超え、それらを丹念に読み込み分析した結果、インナーワークライフに影響を与える3つの要因を突き止める。それらは、①やりがいのある仕事における進捗、②自分の仕事を支援してもらう「触媒ファクター」、③やる気を増発される人間関係という「栄養ファクター」である。そして、とりわけ、①のやりがいのある仕事における進捗こそ、仕事の成果を最大化させる最大の要因である、と結論付ける。

次のページ  人の本質に根ざした方法論»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBRおススメ経営書」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking