2008年7月号 特集 収益力の経営 記事詳細

■ 特集 収益力の経営

「価格/便益ポジショニング・マップ」で考える 過当競争市場のポジショニング戦略

厳しい競争環境にある企業は、自社と他社のポジションを体系的に分析するツールを求めており、その一つの方法が、価格と便益の関係を時間軸に沿って追跡することである。本稿で紹介する「価格/便益ポジショニング・マップ」を使えば、価格と便益の関係に基づいてポジショニング戦略を立案できる。このツールは、自動車、先端素材、人工甘味料、携帯電話、レストラン、小売業、オートバイ、船舶など、三〇を超える業界ですでに導入されている。


リチャード・A・ダベニー   ダートマス大学 タック・スクール・オブ・ビジネス 教授

PDF記事:16ページ[約1,515KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking