ビッグデータの力で
学習に革命を起こしたい

東京大学経済学部教授・柳川範之×リクルートマーケティングパートナーズ代表取締役社長・山口文洋

1

高校に通わず独学で勉強し、通信教育課程を経て大学教授に就任という異色の経歴を持つ、東京大学の柳川範之教授。そして、25歳で小さなITベンチャーに就職してから一念発起し、現在はリクルートマーケティングパートナーズ代表取締役社長を務める山口文洋氏。ともに人とは異なるキャリアを歩んできた二人が、これからのキャリアと教育のあり方を語る。対談後編。(構成/加藤年男、写真/引地信彦)

デジタルが子どもたちの世界を広げる

柳川範之(やながわ・のりゆき)
東京大学大学院経済学研究科・経済学部 教授
1963年生まれ。中学卒業後、父親の海外転勤にともないブラジルへ。ブラジルでは高校に行かずに独学生活を送る。大検を受け慶應義塾大学経済学部通信教育課程へ入学。同大学卒業後、東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士(東京大学)。主な著書に『法と企業行動の経済分析』(第50回日経・経済図書文化賞受賞、日本経済新聞社)、『東大教授が教える独学勉強法』(草思社)などがある。

柳川 山口さんはいま、教育事業を展開されています。私も教育に携わる立場として「スタディサプリ」はとても興味深く見ているのですが、どのような想いから始めたのでしょうか?

山口 私が新規事業として「受験サプリ」を立ち上げたのは、自分がつくりたかった世界に近づけるためです。事業的には、まず高校3年生の受験対策を一歩目の目標にしましたが、もともと受験に合格させることが目的ではなく、各科目の本質的な楽しさを教えられる先生から効率的に学ぶためのインフラとして始めました。

 というのも、いまの学校の勉強には楽しさが少ないと感じています。本来、「スタディ」という言葉は「スタディオス」が由来であり、その原義は「好奇心を持って学ぶ」です。しかし、しかし、日本では「勉めて強いて学ぶ」の意味で長く使われてきてしまったんですね。

柳川 それが詰め込み教育になっていったわけですね。

山口 そうかもしれません。私自身も基礎知識教育は必要だと思っています。個々人のオリジナリティーは知識の組合せによって生まれるものであり、また知識は受験のためだけでなく生きるためにも必要なものだからです。しかし、それを詰め込むだけでは十分ではありません。

 スタディサプリは、インターネット上の教育インフラになることが目標です。そのため学校で学べないこと、たとえば教養やリベラルアーツ、さらに21世紀のスキルと言われているが学校ではなかなかシフトチェンジできない、ロジカルシンキングやファシリテーションなどの専門的スキルを伸ばせるような学習も取り入れたい。もしかしたらビジネスとしては寄り道なのかもしれませんが、だからこそ学習以外のコンテンツも載せています。

柳川 そもそも、ほとんどの教科書はつまらないですよね。教科書だけでなく、学校で習うことはたいていつまらない。それはなぜかと考えたら、おそらくあれが「出がらし」だからです。ここが大事だよと絞ったうえで教えていますが、実際には、その周辺にいろいろなエピソードがあり、そこには遊びの部分もあるからこそ、初めて話が面白くなります。その典型が歴史で、何年に誰が何をしたと覚えてもつまらないでしょう。これを歴史物語にすれば、心に残る物語に変わるかもしれない。

 いまは、覚えさせなければならないところだけ、キュッと絞り込みすぎています。そこをどう広げると面白くなるか、あるいはどう寄り道すると面白くなるかを付け加えて教えると、随分興味を持って学べるでしょう。寄り道のコンテンツはとっても素晴らしい試みだと思います。

 また、勉強のペースは人それぞれ違って然るべきであり、たとえば1冊の教科書のなかでも、人によって、この章は2ヵ月くらいかけてじっくり学びたい、この章は3日でいいということがある。しかし、現実の授業は生徒それぞれのペースに合わせることはできないので、今週はここ、来週はここ、と跳ばしていく。スタディサプリのように個人別の教育が提供される最大のメリットは、自分のペースとタイミングで勉強ができることにあると思います。

山口 先生がおっしゃったような個人の習熟度に合った教育を文科省もやろうとしており、私たちもそこに協力しています。実際には、一斉授業は効率がよくない点もあります。真ん中のレベルの生徒にはちょうどいいけど、わかる子には簡単すぎて、わからない子はさっぱりわからない。だからこそ、日本では塾などの民間教育サービスが著しく発達し、市場規模も海外に比べて非常に大きく育ちました。民間は個別指導でその子のレベルに合わせて教えるので、結果的に生産性が上がります。

 文科省は学校教育の生産性を上げたいと考えており、そこに民間の知見も活用しようとしています。6限目まである一斉授業を3限、4限で終わらせて、余った時間で基礎知識をベースとした、知識と知識を積み合わせた答えのないアクティブラーニングのような、インタラクティブなディベート型授業やアクションラーニングをやりたいようです。

柳川 言っていることはすごく正しい。でも、実践はなかなか難しそうです。

山口 はい。だからこそ、私たちがそこをサポートできればと考えています。将来的には、スタディサプリの中に、子ども版のTEDカンファレンスみたいなものもつくりたい。この夏も著名人の方を集めてトークイベントをやりました。いまの子どもたちは、親と先生、近所、親戚など閉ざされた世界、閉ざされた情報のなかで、あの大学に行け、この仕事に就けと言われている。だからこそ、さまざまな世界で活躍する人や大きな志を持った人に出会える場をインターネット上につくり、映像を見て衝撃を受けてもらい、一生懸命勉強したくなるきっかけになればと思っています。

柳川 子どもたちが見ている世界は、実はものすごく狭かったり小さかったりしますよね。ネット社会になって、いろいろな世界の状況に触れられるチャンスは増えたのに、たしかにいまの子どもや学生が接している世界はそうなっていません。高校生になると当たり前のようにネットを見るようになりますが、それでも現実に見ているものは限られていて、本当の意味で世界の面白い動きは知らない可能性が高いと思います。

山口 いまの子どもたちの環境は、小さくクローズなコミュニティになりすぎています。そこを広げられるような助けをして、最後はみずから機会をつくり出して一歩を踏み出してもらう。それには、学校の先生や親を含めた大人が、自己肯定感を持たせるようにサポートする教育もあるはずです。

柳川 おっしゃる通りで、最後は実際に踏み出させることが何より大切だと思います。それは大きな踏み出しでなくても構わない。私自身はブラジルで生活するなど比較的大きな経験ができましたが、そんな必要はありません。小さなことでもとにかく、自分の足で踏み出す経験をさせることがとっても大事です。

 それも海外を放浪しろという話ではなく、たとえばいつも付き合っている人たちとは違うタイプの人たちと会う、自分とは違う考え方を持つ人たちの話を聞いてみる、という程度でいい。まずはそうしたことをやる癖をつけさせることから思いがけない経験や発見があり、それが将来、大きなステップを踏み出すマインドに変わると思います。

山口 これまでの学校教育はアナログでやってきたので、そのコミュニティの外で活躍されている人の声を直接届けることができませんでした。しかし、デジタルであればそれができます。私はデジタル技術を活用することで、先生と子どもたちの世界を広げたいと思っています。

 オンラインですべてができるなどとは思っていませんし、今後も生身の先生が果たしてきた役割はなくならないでしょう。ただ、そうした人間力的なサポートに親や先生がもっと時間を割けるようにするためにも、オンラインでもう一方の柱をつくりたいと思っています。

次のページ  ビッグデータの力で学習は変わる»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking