企業の新陳代謝と
CFOの責任

デロイト トーマツ CFOプログラム

1

日本を代表するCFO(Chief Financial Officer)たちが集う一大イベント、「CFO VISION 2016」(デロイト トーマツ グループ主催)が9月27日、帝国ホテル 東京で開催された。企業の持続的成長を議論する場としてその認知度と期待は年々高まっているが、第4回となる今年のテーマは「企業の新陳代謝とCFOの責任」。古きを捨て、新しきを育てるためにCFOがなすべき役割について意見を交わした。

CFO VISION 2016には、国内有力企業113社のCFOが参加した
デロイト トーマツ グループ CEO
小川陽一郎氏

 国際情勢や世界経済の変化のスピードがますます速まるにつれ、企業経営の不確実性が否応なしに高まっている。そうしたなか、「変化のスピードを意識しながら、いかに変革を行っていくかが企業にとって大きなチャレンジとなっている」。主催者を代表して開会の挨拶に立ったデロイト トーマツ グループCEOの小川陽一郎氏は、そう切り出した。

 自社の戦略に合致しない、あるいは将来性が乏しい事業にリソースを振り向けていては、変化のうねりに飲み込まれ、企業の存続は危うくなる。「何を捨て、何を育てるか。その新陳代謝をいかにやり切るかがマネジメントの大きな課題となっており、財務やリスクマネジメントに高い専門性と深い知見を持つCFOが鍵を握る存在となっている。そのCFOの責務について共に議論していきたい」と結んだ。

次のページ  破壊的変化の時代には自ら破壊的変革に挑む»
1
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
お問い合わせ

デロイト トーマツ CFOプログラム

〒108-6221

東京都港区港南2-15-3

品川インターシティC棟

E-mail:cfoprogram@tohmatsu.co.jp

https://www.deloitte.com/jp/cfo

CFOプログラムとは
CFOプログラムは、日本経済を支える企業のCFOを支援し、CFO組織の能力向上に寄与することで、日本経済そのものの活性化を目指すデロイト トーマツ グループによる包括的な取り組みです。信頼のおけるアドバイザ(the Trusted Advisor)として、さまざまな領域のプロフェッショナルが連携し、CFOが抱える課題の解決をサポート致します。さらに、企業や業界の枠を超えたCFOのネットワーキング、グローバル動向も含めた最新情報の提供を通じ、日本企業の競争力向上を目指します。

※デロイト トーマツ グループ
日本で最大級の総合プロフェッショナルファーム。有限責任監査法人 トーマツ、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社、デロイト トーマツ税理士法人などを含む。

関連記事