人工知能は人間の働き方をどのように変えるのか

【対談】マイケル・オズボーン(オックスフォード大学 准教授)×川崎健一郎(アデコ 代表取締役社長)【前編】

1

人口減少時代を迎え、AI(人工知能)による生産性の向上に大きな期待が集まっている。実際にこれまで人間が担ってきた業務をAIに肩代わりさせる事例は枚挙にいとまがなく、その範囲は単純作業から判断業務にまで及びつつある。しかし、AIの進化は私たち人間の「サポート」にとどまらず、雇用を奪い、わずかに残った人間の仕事における主導権すら奪ってしまうのではと懸念を示す向きもある。
AIによって私たち人間の働き方はどのように変わるのか、また本当に人間の仕事は奪われてしまうのか。「悲観論」が広まるきっかけとなった論文「雇用の未来」を著したマイケル・オズボーン氏と共に考える。

人工知能が失業者数を増大させる
という誤解

川崎:私たち人材サービス業界でも「雇用の未来」で示された「今後20年で消える仕事・残る仕事」は大きな話題となっています。生産年齢人口の減少を解決する糸口としてポジティブに捉える向きがある一方で、自分の仕事がAIやロボットに取って代わられるのではないかという不安が広がっています。このような反響は予想されていましたか。

オズボーン:正直予想していませんでした。研究を始めてから論文を発表するまでは、世間の関心の薄い分野だと思っていましたから。

 ただ、発表当時、多くの人々は論文の内容をサイエンスフィクション的に捉えていました。自分たちの雇用の問題として、本気で捉えていた人は少なかったと思います。ところがこの数年でAIやIoT(モノのインターネット)、ロボティクスといったテクノロジーが、人々の記憶に残るような圧倒的な進化を遂げ、ビジネスの話題としても一般化しました。それに伴って、論文で示した予測が遠い未来のことではないと考えられるようになり、世界各国の政策立案者や企業経営者からも注目を集める結果となりました。

 英国政府もテクノロジーによって影響されやすいのはどういった産業分野なのか、新たな雇用は創出されるのかといった点に大きな関心を持っていて、私はそれに対して具体的なアドバイスをしています。

川崎:では、論文で描かれた未来はどれくらいの確度で起こると予測されていますか。私たちが抱く「雇用が奪われるのではないか」という不安は正しいものなのでしょうか。

オズボーン:将来を予測することは大変難しく、どのような視点から見ても確実な未来として示されるものは、むしろ間違った予測といえるでしょう。ご質問について私が答えられることは、あの論文で示した内容は、分析結果を可能な限り控えめに提示しているという点と、雇用の増減は現在の700余りの職業リストを前提にしているという点です。

 テクノロジーによってどれだけの仕事が自動化され、失われるかを考えることは重要です。しかし同時に、テクノロジーがどのように需要を掘り起こし、どのような仕事を創造するのかという視点も同じく重要だと思っています。

川崎:米マサチューセッツ工科大学のエリック・ブリニョルフソン氏らが『機械との競争』の中で、ITやロボットによって失業者が増えると主張したことに対し、ノーベル経済学賞を受賞したポール・クルーグマン氏は、テクノロジーによって生産性が高まっても、それがすなわち失業者数の増大につながるわけではないと指摘しています。

オズボーン:需要の量が固定だという間違った認識によるものでしょう。生産性が向上することによって、企業活動は間違いなく活性化します。そこで生まれたマネーが市場につぎ込まれ、経済がより循環する。そして、これが新たな仕事を創り出すことへとつながる。いわゆる「Multiplier effect(乗数効果)」が生まれるわけです。

次のページ  テクノロジーの進化によって新たに生まれた仕事»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
働き方フロンティア」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking