2016年10月号 HBR翻訳論文 記事詳細

■ HBR翻訳論文

【経営戦略】M&Aは買収相手を強くすることで高収益を実現 企業買収は与えることで成功する

M&Aの1年間のディール総額が2015年、最高記録を更新した。しかし、M&Aは通常70~90%が失敗に終わる、と多くの調査が示している。なぜか。たいていは、買収先から多くの果実を得ようとして失敗している。また、当該の産業や市場について無知であることも失敗の原因になる。一方、成功するのは、買収する側が買収先企業の競争力を強化できる「何か」を持っている場合である。価値を得ようとするのではなく、与えることで成功する。その方法を4つに分類して詳述する。


ロジャー・マーティン   トロント大学 ロットマンスクール・オブ・マネジメント 教授

PDF記事:11ページ[約1,862KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking