2008年10月号 特集 行動するリーダーの条件 記事詳細

■ 特集 行動するリーダーの条件

パフォーマンスの崩壊を防ぐ 活力管理法

社員の大半が、過重労働と目標達成へのプレッシャーで疲弊している。優れた能力やスキルの持ち主の場合、なおさらである。彼ら彼女らの生産性を高水準で維持しながら、その能力を向上させ、かつ身体的、精神的健康を損なわないように配慮するのは容易ではない。そのためには、「活力」を日常的に再活性化させる習慣を植えつけるプログラムを組織的に導入することが効果的である。ただし、活力は移ろいやすいものであり、ぞんざいに扱えば、業績が著しく下がったり、離職につながったりしかねない。「肉体」「感情」「知性」「精神」という四つの活力の源泉を、それぞれ適切な「儀式」によって再活性化することで、組織全体の活力の総量を戦略的に高められる。アーンスト・アンド・ヤング、ワコビア銀行、ソニー・ヨーロッパなどの事例から、活力管理のポイントを探る。


トニー・シュワルツ   エナジー・プロジェクト 創業者兼社長

PDF記事:12ページ[約1,005KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking