理論と実務のせめぎ合いから生まれた
刺激的な提言の書
――書評『成長企業の法則』

1

ハーバード・ビジネス・レビュー編集部がおすすめの経営書を紹介する本連載。第27回は、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授の名和高司氏による『成長企業の法則』を紹介する。

 

売上高1兆円超の大企業が
長期に成長する方法

 内容は、サブタイトルの「世界トップ100社に見る21世紀型経営のセオリー」そのものである。大著であるが、冒頭の30ページに当たる「はじめに」を読むと、魅力的な視点を理路整然と提示する話に引き込まれてしまう。

 世界トップ100社をランキングする上で対象とする企業の条件を、2000~2014年の15年間のデータにより、①売上高が2014年時点で1兆円以上、②売上高成長率(年平均)が4%以上、③企業価値の成長率(年平均)4.5%以上、④平均利益率(通年)が6%以上、⑤自由競争でない業界の企業は除く、としている。

 つまり、上場していて、長期的に成長している、大企業である。どのような経営を実践すれば、それが可能なのか。経営学と、著者のコンサルタント・研究者としての経験と思考によって、分析し、理論化している。日本の大企業の経営者や管理職が、吟味してみるべき提案が満載である。

 この条件付けの著者のこだわりは、「あらゆる企業は、普通に経営していては失速する。成長を強く意識しないと、企業の継続は難しい」ことと、「普通の企業は、社会的責任を果たすという意味でも、資本市場に上場して、自らの好き勝手だけではない形の成長を目指していくべき」という考えに基づいている。

 分析した結果、100社には、2つの共通要素があると著者は見出した。1つは「堅牢さ」「しぶとい」「ブレない」といった静的な特性で、もう1つは「変容性」「身軽さ」「融通無碍」といった動的な特性である。この2つは背反する特性であるが、それらが共存することが「成長のバネ」になっているという。

1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBRおススメ経営書」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文セレクション
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking