2008年10月号 特集 行動するリーダーの条件 記事詳細

■ 特集 行動するリーダーの条件

仕事も私生活も犠牲にしない ワーク・ライフ・バランスの実践法

仕事のせいで私生活が犠牲にされていると感じる人が少なくない。しかし、仕事と私生活を分けて考えるのではなく、どちらも両立させ、しかもこれまで以上にうまくやれる自分に変身したほうがずっといい。そして、これはけっして簡単ではないが、それほど難しくもない。アル・ゴアやジャック・ウェルチのアドバイザーを務めた筆者が、これまで何百人ものビジネス・リーダーたちに提供してきた「トータル・リーダーシップ」プログラムを実践すれば、「四正面の勝利」、すなわち「仕事」「家庭」「地域社会」「自分自身」という人生の重要な四領域すべてにおいて成功することができる。


スチュワート・D・フリードマン   ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授

PDF記事:12ページ[約1,296KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2009年5月号
    わかっていながら、なぜ判断ミスを犯してしまうのか
    不況期の論点

    ロバート・スティーブ・キャプラン ハーバード・ビジネススクール 教授
    デイビッド・P・ノートン パラディアム・グループ 創設者
    ジェフリー・M・スティーベル 脳科学者 ウェブ・ドットコム 社長
    ピーター・デルグロッソ ウェブ・ドットコム シニア・バイス・プレジデント
    ビノッド・コースラ コースラ・ベンチャーズ 創設者
    イアン・ブレマー ユーラシア・グループ 社長
    マイケル・ヤズィジ IMD 教授
    マシュー・セバック・モンテフィオーレ オリバー・ワイマン パートナー
    ヌーノ・モンテイロ オリバー・ワイマン コンサルタント
    B・V・クリシュナムルティ アライアンス・ビジネス・アカデミー ディレクター兼エグゼクティブ・バイス・プレジデント
    タマラ・J・エリクソン コンコース・インスティテュート 所長
    スチュワート・D・フリードマン ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授
  • 2008年10月号
    SCMを現場任せにしてはいないか
    CEOのためのサプライチェーン講座

    ルーベン・E・スローン オフィスマックス エグゼクティブ・バイス・プレジデント
    ジョン・T・メンツァー テネシー大学 教授
    J・ポール・ディットマン テネシー大学経営大学院オフィス・オブ・コーポレート・パートナーシップ ディレクター
  • 2008年10月号
    心理的安全とアカウンタビリティは両立する
    「恐怖」は学習意欲を阻害する

    エイミー・C・エドモンドソン ハーバード・ビジネススクール 教授
  • 2008年10月号
    労働力の高齢化による二つのリスク
    「超高齢社会」の人材管理論

    ライナー・ストラック ボストン コンサルティング グループシニア・パートナー兼マネージング・ディレクター
    ジェンス・バイエル ボストン コンサルティング グループ プリンシパル
    アンドレ・ファーランダー ボストン コンサルティング グループシニア・パートナー兼マネージング・ディレクター

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking