ストックすべき価値を持つ
ポルシェマカンという“体験”

1

コンパクトSUVが自動車市場において世界的なブームとなる中で、ポルシェ マカンは唯一無二の存在感を放ち、大ヒットを記録した。デザイン力を武器に躍進する企業家と気鋭の経営学者の対談を通して、その理由を探る。

人の想像力や五感を
刺激できるか

入山 マカンを運転したのは今日が初めてですが、お世辞でも何でもなくて、正直欲しいと思いました。SUVにしては車高が高すぎず、低すぎず。ポルシェらしい加速の良さも味わえた。カイエンだと妻が運転するにはちょっと大きいけど、マカンなら日本の道路事情や住宅環境にもぴったりだと思います。

熊本 僕は「とてもバランスがいいクルマだな」というのが第一印象。ひと目でポルシェだと分かるデザインとスポーティな走りを体現していながら、実用性がとても高い。力強さと上品さを兼ね備えている。

 とくにサイドからリアにかけての曲線にポルシェのアイコンを感じましたね。コンパクトになったカイエンというよりも、911のアイデンティティを強く受け継いでいると思います。

入山 近年、ビジネスの世界ではデザインの重要性が圧倒的に高まっていますが、これからもっとそうなる。それは製品の意匠という狭義のデザインだけでなく、さまざまなパーツや技術、人びとが持っている知識などをうまく組み合わせることで製品やサービスを再定義し、市場になかった新しい価値を生み出していくといった広義でのデザインも含みます。

 モノがあふれた現代において、消費者を引きつけるのはユーザーエクスペリエンス、顧客体験です。そのモノを使うことで自分が思い描いているライフスタイルを表現できるとか、そのモノを使って家族や友人に驚きや楽しさを与えてあげられるとか、そうした場面がすぐに思い浮かべられるような商品が心をつかむ。私は妻を助手席に乗せて、高原をドライブしている場面が頭に浮かびましたが、マカンはそうした想像力や五感を強く刺激してくれるクルマですね。

1
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
お問い合わせ

ポルシェジャパン株式会社

ポルシェ カスタマーケア センター

 0120-846-911

http://www.porsche.com/japan/