なぜ「権力者」が一緒に働くと、
パフォーマンスが低下するのか

1

本稿では、「権力」と「協働能力」の関係を調べた、興味深い研究を紹介。大きな権力を持つリーダーたちが共同作業をすると、権力の低いグループよりも創造性と合意形成能力で劣るという結果が示された。


 リーダーから成る集団が、その共通目標を達成できずに終わるのはよくあることだ。法案に合意できない国会議員たち。意義ある和平協定を実現できない国家首脳たち。会社の損害につながる意思決定を下す取締役会。権力を持つ面々が一緒に何かをやると、なぜこんなにも頻繁に失敗するのだろうか。

 この問題がことさら悩ましい理由は、昔から、権力が個人のパフォーマンスをさまざまな形で向上させることが実証されてきたからだ。諸研究によれば、人が単独で作業をする時に「自分に権力・権限がある」と感じていると、情報をより効果的に処理し、思考が創造的になり、集中力が持続する。

 権力が個人のパフォーマンスを向上させるのであれば、その延長でこう考えてもよそうなものである。大きな権力を持つ者で構成される集団のパフォーマンスは、ひときわ優秀なはずである、と。だが我々の研究では、正反対の結果が示された。すなわち権力は、リーダーが他のリーダーと協働する能力を阻害するのだ(英語論文)。

 一連の実験で対象としたのは、学生および実在の企業幹部であり、総勢1000人を超える。実験室でさまざまなタスクに個人またはグループで取り組んでもらい、その言動をビデオに収録した。これらのタスクは、リーダーが日常の業務で直面しそうなタスクを再現するよう、設計されたものだ。したがって創造性と粘り強さを試すタスクもあれば、複雑な交渉での意思決定と合意形成能力を試すものもあった。

 ある実験では、学生たちに、リーダー、部下、どちらでもない対照条件のいずれかの役を無作為に割り当てた。実験の第1フェーズでは、各リーダーは部下1人に対する権力を与えられた。具体的には、部下のパフォーマンスを評価する権限と、タスク完了の報酬として部下に与える金額を決める権限である。対照群のペアは、同等の権限を持つ仲間として一緒に作業をした。

 次のフェーズでは、被験者たちを3人のグループに再編成して、新製品のデザインを考えるという創造的なタスクを与えた。メンバーの構成は、リーダーはリーダー同士、部下は部下同士、対照群も同じ条件の人同士とした。

 では、どのグループが最も創造性を発揮したのか。独立した判定者の評価によれば、リーダー同士のグループの創造性は全グループの中で最低であり、製品アイデアの革新性と魅力が最も低いとされた(他の2グループには有意の差はなかった)。しかし別の実験では、単独での作業時には、権力の条件付けによって創造性は高まっていたのだ。にもかかわらず、グループになるとこのような結果が生じたわけであり、ひときわ注目に値する。

 上記のパターンは、すべての実験に一貫して現れた。権力を付与された被験者は、タスクに単独で取り組む時、および他者との協調をさほど必要としない時には、他の条件の被験者よりも優れた成果を上げた。その同じ権力者たちが、他者と多くの協調を要する共同作業では最も劣っていたのである。

 別の実験では、企業幹部たち(某大手医療機関に所属する158名の管理職者)を実験室に招き、組織内での実際の権力に基づいて4人編成のグループに分けた。つまり、最も大きな職権を持つ幹部上位4人を第1グループに、その次に職権が大きい4人を第2グループに、という具合だ。今回のタスクは交渉である。4人を最高経営幹部の候補者と仮定して、誰がその職に就くべきかについて合意を形成しなければならない。

 ここでもまた、権力の大きい幹部グループの成果は、権力の小さい幹部グループを下回った。合意に達した割合は、最も権力の大きい幹部から成るグループではわずか41%(27組中16組)、対照的に最も権力の小さい幹部グループでは88%(25組中22組)であった(権力が中程度の幹部グループでは80%、30組中24組が合意に達した)。

次のページ  なぜリーダー同士の協働は失敗しやすいのか»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking