建築は「場所」から生まれる。だから、僕は歩き続ける

——建築家・隈研吾

1

現代社会は、日々、生産性の向上が求められている。しかし同時に、新しい何かを生み出す「創造性」もビジネスパーソンに不可欠である。本連載は、新たな価値を提供し続けるトップクリエイターに、創作の過程で不変とするルールを語ってもらうことから、その源泉を探る。第1回は建築家の隈研吾氏が登場。(写真/鈴木愛子、編集協力/加藤年男)

建築は「場所」に依存する

隈研吾(くま・けんご)
1954年、神奈川県横浜市生まれ。1979年、東京大学建築学科大学院修了。2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞、2002年「那珂川町馬頭広重美術館」をはじめとする木の建築でフィンランドよりスピリット・オブ・ネイチャー 国際木の建築賞受賞。2010年「根津美術館」で毎日芸術賞受賞。

PHOTOGRAPHY: Aiko Suzuki

 僕は、小学校4年生のときに丹下健三さんが設計した国立競技場を見たことがきっかけで、世の中に「建築家」という職業が存在することを知った。そして、みずからの頭を駆使して構想をつくり上げ、それを実現する職業に強い憧れを抱いた。

 その当時、僕は横浜で暮らしていた。近所の田んぼの中で新幹線工事が進む様子を見るたびに、近代的なコンクリート時代の始まりを予感してワクワクしたものだ。

 しかし、それから50年が経ったいま、大きな変化が訪れた。

 僕は、阪神・淡路大震災と東日本大震災という二度の大きな震災をピボットにして、時代が一回りしたと考えている。震災という脅威が、コンクリートの限界と成長経済のむなしさを突きつけたのだ。現代は、無機質なコンクリートの時代とは逆行するかのごとく、木のようにその場所に密着した材料を使い、場所に根付くような仕事が求められる時代を迎えたのである。

 建築で最も大事にしなければならないもの、それはすなわち場所なのだ。そのため、建築家の発想も場所に大きく依存すると考えている。

次のページ  場所の本質を知るために歩き続ける»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking