2008年12月号 HBR Articles 記事詳細

■ HBR Articles

オンライン・チャネルが「一人勝ち」を加速させる ロング・テールの嘘

二〇〇六年、『ワイアード』誌の編集長クリス・アンダーソンが、『ロングテール』という書籍を著し、これは世界的に注目されることになった。アンダーソンによると、膨大な品ぞろえから、各自の好みに近い商品を探し出し、購入できる現代にあっては、嗜好はますます細分化し、没個性的なヒット商品は生まれにくい。したがって、オンライン・チャネルでは、大ヒット商品よりも従来の流通システムに乗らないようなニッチ商品のほうが儲かる──。ところが、現実のデータによる調査が明らかにした事実は、やはりヒット商品が売上げの大半を支えており、ロング・テールは儲からないというものだった。本稿では、アンダーソンのロング・テール理論の嘘を喝破する。


アニタ・エルバース   ハーバード・ビジネススクール 准教授

PDF記事:14ページ[約1,421KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking