日本人は、なぜ住宅に不満を持つのか?

問題解決の方法論〈4〉

1

課題の設定を間違えているから、いつまで経っても問題解決に至らない――本連載はこうした例を取り上げ、「課題の設定は正しいか」「どうすれば解決できるか」を考えてきた。その根底には、本連載のテーマである「社会システム・デザイン」という概念がある。横山氏がこの発想を得たのは、日本の「住宅問題」がきっかけだった。

日本の家は「ウサギ小屋」ではない

――横山さんは、1990年ころから社会システム・デザインということを考え始めたとお聞きしましたが、考え始めた理由や何かきっかけがあったのでしょうか。

横山禎徳
東京大学EMP 特任教授

 1990年はバブル崩壊が始まりかけた時期です。その頃の感覚として、バブル崩壊という危機への不安はもちろんあったのですが、私はそれよりむし ろ、バブルが崩壊したら日本経済は再生しないだろうという思いにかられていました。漠然とした思いでしたが、人口動態を見れば、高度経済成長は今後もうないということは明らかでした。

 そうなると、新しいアプローチが必要になるだろうと考えました。私は建築家からスタートしていますから、日本の住宅環境はどうなっているのかと、 まずその辺から考え始めたのです。そして、これからは住宅産業をどうするかといった発想ではなく、住宅供給システムをどうデザインするかというアプロー チで考えていかなければならないと考えるようになっていったのです。

――それで、バブル崩壊後、住宅問題に取り組むようになったのですね。

 住宅問題から考え始めたのは、建築出身であるという理由とは別に、住宅市場は極めてローカルな市場なので、デザインしやすいだろうと思ったからです。北海道の住宅市場と九州の住宅市場は、お互い関係ないわけです。これが金融システムだったら、世界中の市場がインターリンクしているので、おそらく手がつけられませんね。しかし、住宅でしたら、ある地域で、その地域に住む人々の生活に合った住宅供給システムをつくることが可能です。

 そういう背景もあって、住宅問題に取り組み始めました。最初に考えたことは、日本人の家は本当に「ウサギ小屋」なのか、という疑問です。

 日本の住宅は「ウサギ小屋」と形容されるくらい、海外に比べて小さくてみすぼらしいというのが通説ですね。でも私は、それは本当なのかといつも疑問に思っていました。そこで『建設白書』を調べてみると、1990年当時、すでに日本では7割近くが持ち家住宅で、その平均平米数は140平米であることがわかった。国交省が出している最近の統計データで、世界の主要国の持家の広さと比べて確認してみてください。140平米といえば、決して狭い小さな住居とはいえません。アメリカ、ドイツ、オランダにはかなわないけれども、イギリス、フランスより広いです。

 なんだ、広いじゃないか、と思いました。ワンルーム・マンションなどを含んだ全体の住宅のサイズで見ては間違うのです。持ち家戸建だけで世界と比較しないといけないのです。

――「ウサギ小屋」は、いまでも多くの人が日本の住居を表現するのに使います。

 マスコミの責任は重大ですね。ちゃんとデータを見て場合分けをして考えることをせず、しかも、最初の間違った思い込みを変えることのないまま、本質を欠いた議論ばかりしていると、大衆がそれに影響され、結果的に政策判断の誤りを招く危険があります。

次のページ  日本の住宅問題の中核課題は何か»
1
Special Topics PR
Decision Maker 関連記事
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS