2009年1月号 特集 大企業の戦略コンセプト 記事詳細

■ 特集 大企業の戦略コンセプト

正解のない「やっかいな問題」をいかに解決すべきか 戦略の無力

戦略とその立案プロセスは進歩を遂げてきたが、それでも対処できない類の問題がある。これは「やっかいな問題」(wicked problem)と呼ばれるもので、公共政策やソフトウエア開発、プロジェクト設計の分野では、その対処法がすでに開発されているが、企業経営では遅れている。やっかいな問題には、無数の原因があり、それゆえ複雑であり、言葉で説明することが難しく、予測不可能であり、正解がない。ウォルマートにおけるやっかいな問題とは、何と「成長」であるという。従来の戦略ではまず実現不可能だが、その裏返しが正解というわけでもなく、したがって試行錯誤しながら、新たな方向性を探っていくしかない。本稿では、PPGインダストリーズの事例を紹介しながら、このやっかいな問題にどのように対処すべきか、その方法を解説する。


ジョン・C・カミラス   ピッツバーグ大学 ジョセフ・M・カッツ経営大学院 教授

PDF記事:14ページ[約5,666KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking