2009年2月号 特集 人を動かすリーダーシップ 記事詳細

■ 特集 人を動かすリーダーシップ

経営者は公益の代理人である マネジャー版「ヒポクラテスの誓い」

プロフェッショナル・マネジャーという概念は、けっして目新しいものではないが、はたして経営者は、プロフェッショナルといえるのだろうか。医師や弁護士のように、正規の教育制度もなければ、認定資格制度も、共通の行動規範もない。筆者らは、ここ10年の間に失われた社会的信頼を回復し、営利を追求する企業が公益に貢献するように経営されるには、経営者をプロフェッショナル化する必要があると訴える。そうなれば、経営者に自己統制が働くようになるだけでなく、株主価値の最大化を超えて、社会の利益を代表するエージェントとなり、創造性とイノベーションを促し、よりよい社会の実現に貢献するという。


ラケシュ・クラーナ   ハーバード・ビジネススクール 教授

ニティン・ノーリア   ハーバード・ビジネススクール 教授

PDF記事:14ページ[約3,127KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking