2009年2月号 特集 人を動かすリーダーシップ 記事詳細

■ 特集 人を動かすリーダーシップ

ソフト・パワーとハード・パワーを使い分ける スマート・パワー

ジョセフ・S・ナイ・ジュニアは、カーター、クリントン両大統領の下で、政府の要職を務め、その経験から導き出された「ソフト・パワー」という影響力行使の能力の概念を提唱したことで知られる。威圧や報復といった手段を駆使するハード・パワーに対し、ソフト・パワーとは、魅力やビジョン、コミュニケーションなどが手段となる。二つのパワーを的確に使い、スマート・パワーを実現できなければ、混迷する中東問題や、アジア諸国の台頭など、多極化が進む時代への対応は難しい。オバマ政権誕生の直前に行われた本インタビューでは、新時代の展望が語られた。


ジョセフ・S・ナイ・ジュニア   ハーバード大学 ジョン・F・ケネディ行政大学院 教授

PDF記事:8ページ[約1,275KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking