2009年2月号 特集 人を動かすリーダーシップ 記事詳細

■ 特集 人を動かすリーダーシップ

実務家と理論家の議論から明らかになった 「創造する組織」のリーダーシップ

ハーバード・ビジネススクールは2007年12月、「創造性、起業家精神、組織の未来」と題した2日間のセミナーを開催した。このセミナーには、ノバルティス、グーグル、IDEO、Eインクなど、革新性で知られる企業のビジネス・リーダーに加えて、クレイトン・クリステンセンやロバート・サットン、ハワード・ガードナー、ジェームズ・マーチといった、イノベーションや創造性を専門とする第一線の研究者たちが参加し、組織における創造性の役割と仕組みについて、白熱した議論を繰り広げた。ここでの議論を振り返りながら、創造性とリーダーシップの関係、そしてそこに横たわる新旧の課題について考察する。


テレサ・M・アマビール   ハーバード・ビジネススクール 教授

ムクティ・カイレ   ハーバード・ビジネススクール 助教授

PDF記事:15ページ[約3,583KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking