2004年2月号 HBR Case Study 記事詳細

■ HBR Case Study

マーケティング倫理の境界 パブリシティを装った広告はどこまで許されるのか

大手製薬会社ブライアント・ファーマシューティカルのマーケティング担当バイス・プレジデント、ローラ・ゴールデンバーグは、売上げが鈍化しつつある関節炎治療薬〈セフレックス〉のテコ入れ策としてハリウッド女優をスポークスマンに用いた番組内CMを思いついた。しかし、一部の経営陣はその効果に疑問を抱くと同時に、社内の政治的な動きからもこのアイデアの選択に躊躇している。はたして同社は新たな宣伝策を採用すべきだろうか。


ボブ・ガムゴート   マスターフーズUSA 社長

ミッシェル R.ネルソン   ウィスコンシン大学 助教授

モゼール W.トンプソン   アメリカ連邦取引委員会 委員

マイク・シーハン   ヒル・ホリデー・コナーズ・コスモプロス 社長兼CEO

M.エレン・ピーブルズ   HBRシニア・エディター

PDF記事:13ページ[約1,027KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking