2003年12月号 HBR Case Study 記事詳細

■ HBR Case Study

社内に広まる根拠なき噂話 変わり者をめぐる疑心暗鬼をいかになくすか

プログラマーのマックスは、働き者で優秀だが人づき合いが悪く、身なりや素行にだらしない。同僚たちは、そんな彼のことを気味悪く感じていた。つい最近も、ある企業では鬱屈した社員が暴走し、社内で銃を乱射するという殺人事件が起こったばかりだ。これに加えて、いまだ出口の見えない不況から、さらなるレイオフの実施が予想されるなか、「彼は危険人物である」という噂がささやかれ始めた。しかし調べてみれば、根も葉もない噂にすぎず、逆に下手をすれば、彼から訴えられかねない。それでも他の社員が動揺していることも事実である。さて、この状況をどう乗り切ればよいか。


ジェームズ・アラン・フォックス   ノースイースタン大学 リップマン・ファミリー記念講座 教授

スティーブ・カウファー   職場内暴力研究所 共同創立者

クリスティーン・ピアソン   アメリカ国際経営大学院サンダーバード校 準教授

キム・スキルダム=レイド   南カリフォルニア大学 マーシャル・スクール・オブ・ビジネス 助教授

ロナルド・スハウテン   マサチューセッツ総合病院 法務部長兼精神医学サービス部長

アイリーン・ロッシュ   HBR アソシエート・エディター

PDF記事:12ページ[約1,131KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking