2003年10月号 HBR Case Study 記事詳細

■ HBR Case Study

ブランド構築における効率性と多様性の相克 グローバル戦略とローカル戦略をいかに両立させるか

世界的な化粧品メーカーであるエスポワールは、大ヒット映画の続編とタイアップした新たなグローバル・ブランド戦略を計画している。しかし、ローカル・マネジャーたちは、そのような本社の考え方に否定的である。計画の立案者であるナターシャ・シンは、いかにしてグローバルとローカルの相克を克服すべきか。


ピーター M.トンプソン   ペプシコ・ビバレッジ・インターナショナル 社長兼CEO

ジェニファー L.アーカー   スタンフォード大学 経営大学院 助教授

ハリッシュ・マンワニ   ユニリーバ ホーム・アンド・パーソナル・ケア部門 ラテンアメリカ地区担当社長

サイモン・クリフト   ユニリーバ ホーム・アンド・パーソナル・ケア部門 マーケティング担当社長

小田部 正明   テンプル大学 ウォッシュバーン記念講座教授 兼グローバル・マネジメント・スタディ・インスティテュート 所長

アナンド P.ラマン   HBR シニア・エディター

PDF記事:15ページ[約1,415KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking