2003年3月号 HBR Case Study 記事詳細

■ HBR Case Study

アメリカン・ドリームがもたらした不幸 ワーカホリックの孤独をいかに克服するか

ノーマン・スペンサーは投資顧問会社を設立し、いまやウォールストリートで知らぬ者はいない。彼はアメリカン・ドリームを体現したのである。事業は順風満帆、生活も悠々自適のはずだった。ところが、彼を待っていたのは無気力感と家族との冷め切った関係であった。なぜこのような状況に陥ってしまったのだろうか。


エドワード M.ハロウェル   精神分析医

スコット・ニーリー   ロータス・キャピタル・グループ 社長

ジーン・ホランツ   グロース・アンド・リーダーシップ・センター 創立者兼CEO

マンフレッド F.R.ケッツ・デ・ブリース   INSEAD ラウル・ドゥ・ビトゥリ・ダボクール寄付講座 教授

スージー・ウエットラウファ   HBR シニア・エグゼクティブ・エディター

PDF記事:13ページ[約1,136KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking