「孤独の時代」を生き抜くために、
職場での絆を深める6つの方法

1

職場で従業員同士の親密さは必要か、という問いには賛成ばかりではないだろう。しかし本記事は、「従業員を孤独という病から救うため」に絆と親密さを促進すべきだと主張し、6つの方法を提案する。

 

 寂しさを感じたくない、というのは誰しも思うことだ。研究によれば、孤独感は健康にひどい影響を与える(英語記事)。認識能力と免疫システムを低下させ、心臓疾患と認知症のリスクを高め、死期を早めてしまう(英語論文)。精神への悪影響も大きい。ある実験によると、私たちが幸福を感じて人生の意義を認識するためには、強い社会的つながりが必要であり、孤独になるくらいなら軽い電気ショックを受けるほうを選ぶ人が少なくないという(英語記事)

 テクノロジーによるつながりが、人々を寂しさの暗い影から救っている、あるいは早晩救うだろう、という意見もあるかもしれない。しかし、私たちは以前に増して孤独を感じているようだ。

『アトランティック』誌の報告によると、重要な問題を話し合える相手がいないと答えた米国人は、30年前には10人に1人だったが、いまでは4人に1人だという(英語記事)。友人関係の充実化を支援する団体ライフボートが2013年に行った調査によれば、平均的な米国人は、親友と呼べる人が1人しかいない(英語サイト)。『ガーディアン』紙の記事は、私たちはいま「寂しさの時代」を迎えているのかもしれないと書いている(英語記事)

 こうした状態がなぜ生まれているのか。他者と「一緒にいること」や「つながりがあること」と、「人間らしい本物の絆を経験すること」は、別物だからである。作家のリチャード・バックが書いているように、「寂しさの反対は連帯感ではなく、親密さ」なのだ。

 この問題について、HBRの読者は何ができるだろうか。

 ほとんどの人が時間の大半を仕事に費やしているのだから、まずは職場での寂しさに対処しよう。従業員の生産性と幸福感を高めたい企業とリーダーは、職場での親密さの促進を責務とすべきである。もちろん、マネジャーが上司・部下間、あるいは従業員間に深く有意義な友情を育てることはできない。しかし、従業員同士のつながりの機会を増やすことならできる。そのテクニックを6つ紹介しよう。

次のページ  「歩きながら会議をする」「偶然出会う仕組みを取り入れる」「サプライズを起こす」»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking