2012年9月号 特集 最強チームをつくる 記事詳細

■ 特集 最強チームをつくる

メンバー全員にリーダーシップを求める マッキンゼー流最強チームのつくり方

「プロフェッショナル・ファーム」を標榜するマッキンゼー・アンド・カンパニーは、業務ごとにチームを形成する。そこではクライアント・ワークのみならず、社内業務もチームによって運営される。さらに組織内でチームを形成する仕組みは、市場モデルを用いている。つまり、業務ごとに最適なメンバーが集められるのだ。

この仕組みを支えるのは、個々の人材の特性であろう。その採用基準は、論理的な思考ができる頭脳明晰さというより、リーダーシップの資質だという。そしてチームのメンバーすべてがリーダーシップを発揮することを求めるのがマッキンゼー流である。そこには、リーダーとフォロアーの違いはほとんどない。結局、問題を解決する力は、作業量でも思考力でもなく、リーダーシップの総量で決まるのだ。

マッキンゼーの元採用マネジャーが最強チームのつくり方を明かす。


伊賀 泰代   キャリア形成コンサルタント

PDF記事:11ページ[約985KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking