2009年4月号 特集 製品開発と事業モデルの再構築 記事詳細

■ 特集 製品開発と事業モデルの再構築

リスクを抑え、コストと時間を減らす 新製品開発を「事実の追求」と「成功の追求」に分ける

新薬開発など、開発コストがかさみ、しかも失敗率がきわめて高い製品開発プロジェクトでは、まず製品化される可能性に照らして、開発を進めるものと断念するものを早期に見極め、「見込みあり」とされた案件のみ取り組むという二段構えの体制を敷くことが望ましい。本稿では、このアプローチを取り入れて、リスクを抑え、コストと時間を大幅に減らしたイーライリリーの事例を紹介する。


エリック・ボナボー   アイコシステム 会長

ニール・ボディック   元 リリー・リサーチ・ラボラトリーズ コーラス部門 COO

ロバート・W・アームストロング   リリー・リサーチ・ラボラトリーズ バイス・プレジデント

PDF記事:12ページ[約2,459KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします
  • 2002年1月号
    群知能の活用がブレークスルーを起こす
    昆虫に学ぶ「自己組織化」のメカニズム

    クリストファー・メイヤー ストラテジック・アラインメント・グループ 会長
    エリック・ボナボー アイコシステム 会長
  • 2003年9月号
    直観だけでは創発は起こらない
    複雑系の意思決定モデル

    エリック・ボナボー アイコシステム 会長
  • 2004年11月号
    市場の複雑性は予測できない
    模倣行動のダイナミズム

    エリック・ボナボー アイコシステム 会長
  • 2005年5月号
    未来を読む
    2005年のパワー・コンセプト(上)

    『ハーバード・ビジネス・レビュー』編集部 
    ロデリック M. クラマー スタンフォード大学 経営大学院 教授
    ジュリア・カービー ハーバード・ユニバーシティ・プレスのシニアエディター
    ジョセフ L. バウワー ハーバード・ビジネススクール 教授
    ジェフリー F. レイポート マーケットスペースネクスト マネージング・パートナー
    エリック・ボナボー アイコシステム 会長
    ロジャー L. マーチン トロント大学 ジョセフ L.ロットマン・スクール・オブ・マネジメント 学長
    キルシ・カルヤナム サンタクララ大学 教授
    モンテ・ツィーベン ブルー・マティーニ・ソフトウエア 会長兼CEO
    ロバート C. マートン マサチューセッツ工科大学 スローン・スクール・オブ・マネジメント 特別教授
    トーマス A. スチュアート HBR 編集長
    モハンビール・ソーニー ノースウエスタン大学 ケロッグ・スクール・オブ・マネジメント 教授

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking