2009年5月号 特集 不況期の戦略 記事詳細

■ 特集 不況期の戦略

逆風を追い風に変えるための五カ条 不況期の小売業

スターバックスは二〇〇八年秋、創業以来、初めて来店客数と売上高が前年割れした。小売業はここ一五年間、好調が続いていたが、ここに急ブレーキがかかった象徴的な出来事といえる。しかしこのような不況期にも、成長のチャンスはある。本稿では、アメリカの大手小売業五〇余社への調査に基づき、そのための五カ条について解説する。すなわち、自社のロイヤル・カスタマー以外の顧客を見極める。そのニーズを把握し、現状とのギャップを埋める。そして過剰投資となっているコストを削減する。さまざまな要素から店舗をクラスターに分類する。さらに顧客調査とマーチャンダイジング、業績管理などの小売業務のコア・プロセスを改善することの五つである。


ケン・ファバロ   マラコン パートナー

ティム・ロンバーガー   マラコン パートナー

デイビッド・ミーア   エンファティコ CCO

PDF記事:15ページ[約2,968KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking