2009年5月号 特集 不況期の戦略 記事詳細

■ 特集 不況期の戦略

いたずらに縮小均衡に走ってはならない 実需は後退していない

今回の不況は「一〇〇年に一度の未曾有の危機」といわれているが、エリヤフ・M・ゴールドラットは、世界的な金融危機が強烈な不況宣伝となって、小売業界を過剰に警戒させ、こぞって在庫調整に走ったことが大きいと見る。また、業界にばらつきがあるものの、大方の予想よりも実需の回復は早いとも言う。そして彼は、この時期をチャンスに変えるアイデアを提示する。すなわち、今回のように、ちぐはぐなサプライチェーン内の動きを解消するには、少量かつ高頻度の需要に即時対応できる生産体制を「発明」する必要があり、そのヒントは、トヨタ生産方式の生みの親、大野耐一を「再発見」することにあると言う。


エリヤフ・M・ゴールドラット   物理学者

PDF記事:10ページ[約1,475KB]
定期購読者:無料(※)ログインする
※ 論文オンラインサービスご利用の方に限ります
この論文もおすすめします

定期購読のご案内

Special Topics PR
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking