忙しい時に問われる「仕事を離れる力」

1

人は忙しくなると仕事時間が長くなるが、働き続けると生産性が落ちる。かといって、忙しい状況では、1分でも長く仕事をする時間を増やそうとしてしまう。この忙しさの悪循環を断ち切る方法はないか。

 

仕事時間を増やしても解決しないこと

 忙しい時、すなわち仕事で出すべきアウトプットの量が増えた時、基本的には、仕事の時間を増やす(量)か、生産性を上げる(質)しか対応の方法はありません。

 量を増やそうにも人に与えられた時間は増えないので、仕事以外の時間を削るしかありません。質に関しては選択肢が多く、集中する、やるべき仕事の順番を変える、重点を置くべき個所を限定する、などがあり、仕事術と言われるもののノウハウはこれらの選択肢を紹介するものとなっています。

 この量と質の議論の両方にかかってくるのが、「仕事を離れる時間」です。仕事を離れる時間は、食べる・寝るなどの生活必須時間もありますし、休憩などもあります。これらの時間を多く取り過ぎると、仕事時間(量)が減る。かといって仕事時間を増やすことで、質が上がらないジレンマもあります。

 忙しくなると、仕事時間を増やそうと無意識に行動しているものです。休憩した方がいいと頭では分かっていても、仕事のことが気になって休めない。すると仕事の質が下がる、という悪循環です。急がば回れ戦略をいかに構築するかです。

 それを実践するには、「仕事を離れた時間」の価値を痛感することです。仕事を離れたことで仕事の成果が上がり、仕事時間を削った以上のものを得た、と実感することが必要です。

次のページ  思考の深化と飛躍をどう両立させるか»
1
無料プレゼント中! ポーター/ドラッカー/クリステンセン 厳選論文PDF
Special Topics PR
DHBR編集長ブログ」の最新記事 » Backnumber
今月のDIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
最新号のご案内
定期購読
論文オンラインサービス
  • facebook
  • Twitter
  • RSS
DHBR Access Ranking